急性外傷について | 交通事故治療なら世田谷区千歳烏山のオリンピア鍼灸整骨院まで

急性外傷について

  1. ホーム
  2. 急性外傷について

むち打ち症や打ち身、捻挫は病院や整形外科だけの仕事と思っていませんか?

menu03_img01

「外傷性頸部症候群」「頚椎捻挫」これはむち打ち症の正式名称です。交通事故などの日常生活ではあまり受けることのない大きな衝撃によって頚椎や頸部にムチを振り回したような大きな圧力が加わり、頭痛やめまい、吐き気や手先のしびれなど様々な症状をもたらすものです。

患部が神経系の集まる部分でもあり、複雑で他覚症状の現れにくい障害です。どんな小さな症状でも二次的な障害に発展させないためにも丁寧な治療が必要な障害です。私たち「オリンピア鍼灸治療院」はそんなむち打ち症をはじめとする治療や急性外傷への対応を得意としております。整形外科などの病院だけでは対応しきれない細かな症状についてきめ細かな対応をさせていただければと思います。

それぞれの症状について対応させていただきます。

 

頚椎捻挫型

頚椎の周りの筋肉や靭帯などの損傷で最も多く見られ、むち打ち症全体の80%にものぼります。首の後ろや肩の痛み、首を伸ばしたりすると痛みが走ります。首や肩の周辺の動きが制限される症状に襲われます。

根症状型

頚椎に変形があったり、歪みが発生することで頚椎に障害が生まれる症状です。

首の痛みばかりではなく、腕や指の痛み、だるさ後頭部や顔面の痛みなどにも現れ、首を動かしたり、咳やくしゃみで強まったりします。

バレ・リュウー症状型

後部交感神経症候群ともいい、結構を司る交感神経が損傷したり、椎間板や筋肉による圧迫によって頚椎に沿って走る椎骨動脈の血流が低下して症状が現れます。頭痛やめまい、耳鳴り、吐き気などの症状に襲われます。

脊髄症状型

頚椎の脊柱管を通る脊髄が傷つくことにより歌詞に伸びている神経が損傷を受けてしびれが走り、歩行が困難になったり、尿や便の排出に障害が出ることもあります。

労働災害への対応

労働や仕事に伴う疲労の蓄積には外科的治療より障害のある部所への的確な施術の方が患者の皆さんの症状を弱める効果が高いです。どんな症状でもご相談いただけるように万全の体制で皆様をお待ちしております。

急性外傷・痛みの改善に有効!

img02

スーパーライザー(近赤外線治療器)は光の中で最も深達性の高い波長帯の近赤外線を高出力でスポット状に照射することを可能にした光線治療器です。
その効果は、ペインクリニックをはじめ各科で認められ、いま医療現場で大きな注目を集めています。
当院では、交通事故治療、むちうち治療、上肢のしびれ、肩こり、腰痛、肘痛、肩痛、手関節痛、頚部痛などに使用しています。

スポーツによくある急性外傷の治療経験が豊富です

img01

当院は、大学のトレーナーも務めており、スポーツでありがちな、急性の外傷をいち早く和らげることに実績があります。交通事故の治療においてもこの治療を実践し、痛みはもちろんのこと、不眠症や精神的な痛みを取り除けるよう治療にあたります。

ページトップへ